キャンペーン

腸脛靭帯炎なら宮前区で口コミ評判のリーフ鍼灸整骨院へ

受付時間

リーフ整骨院 0443863435

リーフ整骨院 LINE

根本改善

腸脛靭帯炎

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 膝を曲げると外側が痛む
  • 走った後に膝が痛むが、休めばまた走ることができる
  • 膝の痛みから階段の上り下りがつらい
  • 座った状態から立ち上がるのがつらい
  • 前はランニング後だけ痛かったのに、最近常に膝が痛むようになった

腸脛靭帯炎とは?|リーフ整骨院グループ

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)は、太ももの外側に付いている“腸脛靭帯”という、足の曲げ伸ばしをサポートする部位が炎症を起こすことで痛みが出現するスポーツ障害の1つです。ランナー膝とも言われ、ランニングやジャンプ、頻回に足の曲げ伸ばしなどをする方によく起こります。

腸脛靭帯炎の特徴|リーフ整骨院グループ

腸脛靭帯炎は、身体の中で一番長い腸脛靭帯と太ももを構成する大腿骨が、繰り返すランニングや屈伸運動で擦れて炎症を引き起こすことで痛みが現れます。

運動後に膝の外側に痛みが現れ、症状が進むにつれて歩行時や階段の昇り降りの際にも痛みが出現し、日常生活にも支障をきたしてしまいます。膝の外側を押した際に痛んだり、腫れが見られたりすることで炎症に気づく方も多いです。

基本的にはオーバーユースが原因とされていますが、骨盤・骨格の歪みやO脚(内反膝)、扁平足などを抱えている方は、膝に負担がかかりやすく腸脛靭帯編を引き起こしやすいとされています。繰り返す腸脛靭帯炎にストップをかけるには、膝に負担がかかる原因そのものを改善することが大切です。

リーフ鍼灸整骨院 川崎有馬院の腸脛靭帯炎の施術方法とは?|リーフ整骨院グループ

リーフ鍼灸整骨院 川崎有馬院には、さまざまな不調に悩む方が訪れており、中にはスポーツ愛好家の方もいらっしゃいます。治療に訪れる方は、ランニングが趣味の方、大会上位を目指して日々トレーニングしている方などさまざまですが、当院ではどの年代の方にも根本から痛みを改善し、スポーツを長く続けていただけるよう「コアマッスルセラピー」という当院独自の手技治療を行います。痛みの強さに応じて、ハイボルトという電気治療も併用しながらアプローチさせていただきます。

腸脛靭帯炎の根本改善には、炎症を引き起こす靭帯と大腿骨の摩擦がなぜ生じているのか把握することが何よりも大切です。ヒアリングや検査にお時間をいただき、歪みが生じている部位を見つけ出します。

それから、コアマッスルセラピーで筋肉を緩め、骨格を矯正したり、姿勢を支える役割を果たすインナーマッスルを鍛えたりし、痛みを繰り返さずにスポーツを楽しむことができるようサポートさせていただきます。腸脛靭帯炎にお悩みの方は、ぜひ一度リーフ鍼灸整骨院 川崎有馬院へご相談下さい。

お問い合わせ

電話・時間 アクセス